いちご畑

ケアと思考と日常について

はじまり〜このブログの立ち位置と目的

今日、このブログをケアをテーマにしたものに変える。

構想自体はずっとあったけど、実行するのに時間がかかってしまった。

いろいろ機が熟してきたと思うので、ここでリニューアルすることにした。

 

ケアを人生のテーマにしようと思ったのは、端的にいえば、介護を職業にしているからである。

 

ケアに関することがしたい私だが、人格が特に優れているわけではない。

余裕がなくなると、苛ついたり、ふてくされたりもする。

介護技術に長けているわけでもないし、コミュニケーション能力が特に高いわけでもない。

いたって凡庸な人間。

だからこそ、ケアについて考え、書き、語ることがあるといえる。

凡庸だからこそ、たくさん悩むし、後から気づくことも多いわけで。

 

私がいう“ケア“は介護に限らない。

育児や接客はもちろん、人と人が関係する場では必ずケアが発生する。

人間と生き物、植物の間のケア関係もある。

更にいうと、読書や芸術作品の鑑賞なども、作者と受け手の間にケアが発生しているといえる。

ケアに関係しない人間はいないのだ。

 

そんな射程の広い“ケア“だが、ひとまずの私の活動は、ケアの中でも介護について取り上げたものになるだろう。

介護の中でも、特に介護する側の視点で考えたあれこれを綴っていく。

 

そして…

ただ私だけが考えを述べるのでなく、私以外のケアをしている方々と語り合いたい。

オンラインでもリアルの集まりでもいい。口頭でも文字やビジュアルでもいい。

これもひとまずは、リアルの少人数でのお茶会的なものから始めたい。

 

とはいえ、友人知人が少ないので、リアルの集まりにさきがけてネットでの繋がりを充実させたいな。

これを見た方、SNS(Twitter、ブログ)のフォローをお願いします!(笑)